生理中の足のむくみを食事&運動で解消する方法はココ!

生理痛

赤ちゃんを妊娠するために大事な「生理」ですが、女性にとっては月一回の憂鬱な週間でもありますよね。

生理になると腹痛や腰痛、頭痛、便秘、肌荒れなど不快な症状が出てくる人も中にはいらっしゃいます。日頃は足のむくみが気にならないのに、生理の期間だけ むくんでいると感じる人も多いようです。

こちらでは、生理中の足のむくみについて、その理由や対処方法を調べてみました!

スポンサーリンク

生理痛で足が痛い理由は?

足が痛い

生理前や生理中には、自分でもどうにもできない不快感や痛みなどを感じることはありませんか?では、なぜそういう症状が起こってくるのでしょうか?それは「生理」のメカニズムが大きく関係しています。

そもそも生理とは、子宮で赤ちゃんを育てるための子宮内膜が妊娠不成立の場合にはがれて、体外へ排出される現象です。その現象には女性ホルモンが大変重要な役割を果たしています。

この女性ホルモンの働きにより、体の血行が滞り、血液やリンパ液の流れが悪くなることで体内の水分運搬が円滑にいかず、むくみへとつながるのです。

特に足は体の下の方にあるのでむくみがちな部分です。それで、足がむくむことにより、だるさや重さを感じたり、痛みを感じたりというような症状が起こる理由です。

食事&運動での対処法は?

そんな足のむくみや痛みを改善することができる方法がありますよ!

むくみ解消に効く食べ物

カリウム 食べ物

まず足のむくみやだるさなどを取り除くには水分の排出が必要になります。解消するためには利尿作用のある食材を食べるのがお勧めです。

大豆や小豆などの【豆類】や【海藻類】などにはカリウムが多く含まれ、そのカリウムが水分排出のために大きな働きをします。

他にもカリウムが含まれる食材としてキュウリやコーヒーなど数多くありますが、中には体の冷えを伴う食材がありますので、生理中の血行を促進するためにも体の冷えない食材を取りましょう。

簡単なむくみ解消ストレッチもオススメ

軽い運動

また軽い運動も大事です。生理中は貧血気味にもなり、体の血液の循環能力が落ちてしまいます。体の末端部分まで血行よくするためには食事も大切ですが、体を温めるような適度な運動も必要です。毎日続けられるような軽いものを無理のないように選びましょう。

例えば、なるべく日常生活の中で取り入れられるように、車を使わなくても行けるところには、なるべく歩くような生活をすることや生理中でもできる簡単なストレッチをとりいれたりするのが無理なく続けられて良いかとおもいます♪

ここで簡単なストレッチ方法をひとつご紹介しますね。

むくみ解消ストレッチ

画像引用元:http://hadalove.jp/ahikubi_mukumi-11409

  1. 床に仰向けになり、足を天所へあげます。
  2. そのままの姿勢で両足をぶるぶる振りましょう。この時ふくらはぎを意識して動かしましょう。

天井へ足をあげたまま、ふくらはぎやアキレス腱を動かすことで足の方に溜まった水分が動かされ、むくみが解消できますよ。簡単なので、寝る前などに行うのもオススメです♪

生理痛で股関節が痛むのはなぜ?

骨盤の歪み

また足のむくみ以外にも股関節痛などを感じる方もいます。それはなぜでしょうか?

よく言われている原因が「骨盤の歪み」です。生理により子宮の痛みが歪んで、子宮近くまで寄っている骨盤に骨を通し、伝わることで骨盤痛を感じるのでは…と考えられています。

そして、普段から股関節などの使い過ぎで痛めている方は、重い生理痛の筋肉の収縮でも股関節が痛むということもあるようです。

他にも「子宮筋腫」がありその筋腫が大きくなると骨盤神経を圧迫してしまうこともあり、股関節痛へつながることもあります。子宮筋腫の場合は治療が必要です。

他にも原因がある場合もありますので、むくみが解消されなかったり あまりにも痛みが続く場合は病院へ相談しましょう。

生理 体調不良

生理前や生理中には、色々な臓器やホルモンなどと複雑な関わりが出てきて、時には上手くいかず、体の不調を引き起こすことも多くありますが、日ごろから自分の体の変化に注意をしているとほんの少しの食生活や運動などで改善できることがあります。

大事な体を守るのは自分自身です。普段の生活からほんの少し気をつけて、不快な生理前や生理中も 足のむくみを気にせずに健やかな生活を過ごせるようにしましょう♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク