【ふくらはぎ】 だるくて寝れない原因や改善方法は?

ふくらはぎ

「ふくらはぎがだるくて眠れない」といった経験をお持ちの方はたくさんいらっしゃると思います。眠いのに眠れないというのは本当に辛いですよね。

ここでは、ふくらはぎのだるさの原因や改善方法などをご紹介します。

スポンサーリンク

ふくらはぎのだるさの原因は?

ふくらはぎのだるさの原因は、冷えにより血液の循環がうまくいかず、むくみを引き起こしてしまい、だるさにつながっていると考えられます。

また、下肢からの汚れた血液が、うまく心臓に戻らない「下肢静脈瘤」という血管の病気である場合も!下肢静脈瘤は、足の血管がこぶのようにふくらむ、足がつる、むくむ、疲れやすい、皮膚の変色といった症状があります。

これらの症状がある場合は、病院で診察を受けてくださいね。ふくらはぎがだるくて眠れない場合の改善方法は次でチェック!!

寝れない場合の改善方法は?

冷えが原因による場合は、特に下半身を冷やさないようにしましょう。お風呂でしっかり温まるようにしたり、生姜や根菜類など体を温める食べ物を積極的に摂るようにしてくださいね。また、着圧ソックスの使用やふくらはぎや足の裏のマッサージも効果的です。

ふくらはぎマッサージ

マッサージは、足首からひざに向かって押し上げるように丁寧にマッサージすると良いですよ。力の入れすぎは禁物です。両手を使ってやさしくマッサージしてくださいね。湯船の中やお風呂上がりに行うのがおすすめです。ボディークリームなどを使うとスムーズにマッサージできますよ♪

足の外側、膝の裏から指4本分くらい下にある「足三里」と、ふくらはぎの中心からやや上のほうにある「承山」はふくらはぎのだるさを解消してくれるツボです。ツボ押しは簡単にできるので、ぜひ試してみてくださいね。

ふくらはぎのだるさ 対処法まとめ

ふくらはぎの対処法を原因別にまとめてみました。

◇ふくらはぎのだるさの原因
◆冷えによる血行不良
◆下肢静脈瘤

◇ふくらはぎのだるさの対処法
◆体(特にお腹や下半身)を冷やさない
◆着圧ソックスの着用
◆ふくらはぎのマッサージ
◆足三里、承山といったツボを押す
◆下肢静脈瘤の場合は、病院へ!! 

ふくらはぎのだるさとサヨナラして、ぐっすりお休みくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク