足首が痛いのは冷えが原因? 湿布での対処法はこちら

足が痛い

季節的に寒くなりますと手先が足のつま先が詰めたくなり、酷くなりますと足首が痛くなることがあります。足が冷えるだけで足首が痛くなるのと驚いてしまいますが、単純に気温が低く寒いことによって痛くなるだけではなく、足に合わない靴や踵が高いヒールを履くことによって、くるぶしにある後頸骨筋腱に負担を掛け血行が悪くなり痛くなることもあります。

スポンサーリンク

足首の痛みの応急処置は?

足首が痛い

足の負担によって冷えてきて痛みを感じるようになりましたら、温めることによって血行が良くなり改善することができます。温めるには足湯などお湯に浸かったり、足に合った靴を履くことでも痛みを軽減することができますが、一時的に解消するだけでしたら患部に湿布を貼ることによって応急処置にもなります。

湿布での対処法について

足首の応急処置

湿布は色々な種類がありますのでどれを選べばいいのかと迷ってしまいますが、足を温める効果が欲しい場合には温かく感じる成分が配合している温感湿布によって、温かく感じ症状が軽くなってゆきます。ただ足を労わっても痛みが軽減できなく、何日も続くようでしたら病気になっている可能性もありますので、その場合は外科や整形外科があるクリニックや病院へと相談してみましょう。

⇒ 足首の捻挫の治し方【動画】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク