歩くと足首が痛いのは冷えが原因?捻挫の可能性も?

足首 捻挫

長い距離を歩くと足首が痛いといったことはありませんか。歩かずに生活することは難しいので、歩くたびに痛みがあると困りますよね…。ここでは、その原因や対処法をご紹介します。

スポンサーリンク

歩くと足首が痛いのは冷えが原因?

足首が痛い

一見、関係がないようにも思えますが、歩いて足首が痛くなるのは冷えが原因かもしれません。冷えは女性に多く見られる症状で、体の不調につながる一歩手前の状態でもあります。場合によっては冷えが原因で捻挫につながることもあります。

冷えは血流の流れが滞っていることで起きる症状ですが、特に冬場は手先が冷たくなる人が多いものです。夜寝るときに、手先が冷えてなかなか寝付けないこともありますし、ひどい場合はおなかまで冷えて、下痢や腹痛といった症状を訴える人も少なくないのです。

冷えを防ぐ方法とは?

リンパマッサージの効果

そもそも冷えは血流の流れ良くない場合に起こりますが、これはリンパの流れにも大きく影響しています。ですからリンパの流れが悪いと、血流も悪くなるのです。

リンパの流れをスムーズにするためには、体を優しくマッサージしたり、ストレッチなどで筋肉をほぐしてあげたりすることが重要です。また体を温める食材を積極的にとることも大事です。冬はできるだけ温かいスープや鍋などを食べるとよいでしょう。適度な運動は大事ですので、体に負担のない程度から軽いストレッチや運動をすることが冷え対策に最も効果的です。ぜひ試してみてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク