【足の裏】赤くなってかゆい原因はストレス?

足が痒い 原因

足の裏が赤くなり、かゆみが出てくることがありませんか?その原因はストレスかもしれません。ここでは、足の裏が痒い原因についてご紹介します。

スポンサーリンク

足の裏がかゆいのはストレスが原因?

足の裏 かゆい

何か皮膚にトラブルがあるという訳でもなく、この赤みやかゆみが出てくるときには、もしかしたらその原因はストレスなのかもしれません。

ストレスを感じると、身体はそのストレスに対抗しようとさまざまな反応を示すことがあります。その結果、自律神経のバランスが崩れてしまう事もあります。この自律神経のバランスが崩れると、さまざまな不調が出てきます。その一つに、体温調節機能がうまくできなくなるという症状があります。

足が痒いのは血流がよくなっている証拠!

足の裏が痒い

体温調整機能がうまくいかないと、血行障害などが起こり始めます。冷え症になったり、逆にホテリなどを感じることもあります。足の裏が赤くなるというのは、このホテリが足の裏で起こっている場合もあるんです。

今まで血流が悪かったところに急激に血流が流れるようになると、かゆみを感じる事もあります。お風呂上がりに皮膚が痒くなるというのは、お風呂に入ることで身体が温まり、急激に血流が改善するからと言われていますよね。それと同じ状況が、足の裏で起こっていることがあるんですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク