足のむくみの原因とは?注意すべき病気の可能性について

足 むくみ

足のむくみというのは、身体の中の水分が余ってしまって起こります。ここでは、足のむくみの原因や注意すべき病気についてご紹介します!

スポンサーリンク

足のむくみの原因とは?

足 むくみ

なぜ身体の中の水分が余って足がむくむのでしょうか?これは、体内の塩分バランスが崩れ、過剰に塩分が溜まっている状態になってしまったり、リンパ管が何かしらの理由によって詰まり、水分の排出がうまく行われなかったりするのが原因になっていることがあります。

また、足のむくみはふくらはぎなどの筋肉の動きが少なく、リンパ液をリンパに運び上げることが出来ないケースもあります。運動不足になっていたり、長い時間同じ姿勢で過ごしている時などは、ふくらはぎの筋肉の動きが少ないことが原因になることが多いんですよ。

注意すべき病気の可能性について

下肢静脈瘤

足のむくみといっしょに、かゆみがある、血管が浮き出ている、皮膚が黒ずむ、足がつるといった症状が同時に起こるようですと、下肢静脈瘤という病気である可能性もあります。

また体重が増えたり、消化不良を起こしたり、尿の量が減ったりすることが同時に起こると、心不全を引き起こしてしまう可能性があるんです。その他にも、肝臓や腎臓といった、身体の中の老廃物を排出させる機能をもつ臓器に障がいが起こっている可能性もあるんですよ。

気になる方は早めに病院で検査を受けるようにしてくださいね!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク