外反母趾で足が痛い原因は?マッサージ方法やテーピングのやり方紹介

外反母趾

女性の足が痛い原因で多いのが外反母趾です。

外反母趾の説明に辺り、まず足には縦と横にアーチがあり、丸みを帯びた形となっています。その丸みは筋肉と指以外の足の細かな骨で形成されていて、そのアーチが崩れて親指が内側に入ることが原因で外反母趾に至ります。

スポンサーリンク

外反母趾で足が痛くなる原因

外反母趾

外反母趾に至る傾向として爪先の細い靴を履くことが 大きな原因になりやすいです。爪先の細い靴を履くと親指の先端が内により、一時的に外反母趾に近い状態になります。

その後、足の指を開いたり指を動かすことである程度は改善されますが、長時間内によった状態が続くと骨自体がその位置で徐々に矯正されてしまいます(関節は長時間固定されると固くなり動きにくくなる性質があります)。

また足の筋肉が固くなると骨の細かな可動性も下がってしまい、より修正が難しくなります。その状態が続くことで骨の位置が矯正されてしまいます。それを無理に直そうとするととても足が痛いです。

外反母趾の予防やマッサージ方法

外反母趾

そのため根本的な原因となりやすい、爪先の細い靴を極力履かない、また履いても定期的に脱いで足の指を動かすことで予防は可能です。

また足の指や甲・裏を指でグリグリと押したりマッサージすると筋肉がほぐれ、筋肉による骨の可動性低下を予防できます。

⇒ 外反母趾のテーピング方法【動画】

より簡易な予防法として、靴を脱いでいるときに足の指の間ものを挟み、自然に指が開く状態を保ちます。それに伴い、持続的に指が開かれるため、内側によった親指の位置を修正することが可能です。

最後に外反母趾になったときに親指の付け根が突出し、靴の側面に当たることで痛みが出たりもします。それは柔らかい靴に変える・厚手の靴下を履く・緩衝材を挟むなどである程度は対応できます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク