ふくらはぎのむくみは病気が原因かも!? 症状や解消法は?

ふくらはぎ むくみ

ふくらはぎの辺りがむくむのは立ち仕事をしている女性であればよく起こる症状です。

しかし規則正しく生活していれば、眠って朝起きたら解消されているというのが普通です。朝でも夜でも関係なく、常にむくみが気になるという場合、体内で異常が起こっている可能性もあるので注意しましょう。

ここでは、ふくらはぎのむくみの原因や症状、解消法をご紹介します。

スポンサーリンク

ふくらはぎのむくみの原因とは?

ふくらはぎ むくみ

そもそも ふくらはぎのむくみの原因は、排出されるべき水分や老廃物が体内に残ってしまう事によるものです。また、心臓から出た血液や体液が下半身に降りてきたまま上半身に戻らないというのもむくみの原因となります。いずれにしても 激しくむくむのは体内の巡りが上手くいっていないという事が考えられます。

また、血液は体中の器官に酸素や栄養を運ぶという大切な役割を持っていますから、これが上手くいっていなければ各器官にも悪影響が及んでいるという事になります。

逆もしかりで、どこかの器官に不具合があると、その部分に栄養が吸収されず下半身に栄養分も降りてき過ぎて結果むくみの症状を呼び起こすという場合もあります。

ふくらはぎのむくみの解消法について

ふくらはぎ むくみ

ふくらはぎの症状の解消法は、やはり下半身を鍛える事にあります。ふくらはぎにしっかりと筋肉がついていてそれがポンプの役割を担えば、身体中に必要なものがしっかり巡りますから全身健康でいられますし、老廃物などを下半身から追い出して排出する役目も果たします。

ふくらはぎの鍛え方も色々ですが、激しい筋トレを行わなくても歩く距離を増やしたり、電車の中で立つ時間を増やすなどの簡単な事で十分な解消法へとつながります。

無理をするとストレスが溜まって、このストレスもさらに血流障害の原因となってしまいますから、無理なく楽しく出来る解消法をオリジナルで考えてみるのもよいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク