夜にふくらはぎが痛い!! 原因や症状、対処法はコレ!

ふくらはぎ 痛み

ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれる程、身体の中でも重要な部位です。そのふくらはぎに痛みを感じた事がある人はほとんどでしょう。

激しい運動をしたり、あまり動かない人が急に動いたりすれば筋肉が痙攣を起こしたり肉離れを起こしたりして痛みの症状が出る場合もありますが、このような事に心当たりがないのに「夜になると ふくらはぎが強く痛む!」という場合は何らかの不調のサインである可能性が高いので注意して経過をみておく必要があります。

スポンサーリンク

ふくらはぎの痛みの原因と症状は?

ふくらはぎ 痛み

ふくらはぎがつったような症状であれば水分の過剰摂取が原因である可能性があります。
身体の中で水分と血液はバランスを保ちながら流れていますが、これは双方ともに多すぎても少なすぎてもよくないもので、バランスが極めて大切です。

しかし水分が過剰に増えてしまうと血液や体液が進路を妨害される場合があり、必要なものがふくらはぎを流れなければこういった症状が出てくる可能性があります。さらに水分の過剰摂取は身体全体を冷やすという特徴がありますから、適量を心掛けた対処法が必要です。

ふくらはぎの痛みの対処法について

ふくらはぎ 痛み

また筋肉による痛みだったとしてもそれを放置しておくのは危険です。

脚の筋肉は身体中の血液を巡らせるためのいわばポンプの役割をしていますから、常に健康な状態で動いていなければ意味がありません。間違ったトレーニングで筋肉を傷つけてしまう事が原因となって痛みを感じさせるという場合もあります。

ふくらはぎ 痛み

一般的なウォーキングやランニングであれば簡単ですが、筋トレとなればきちんとした知識を持って行う事が求められます。まずはトレーナーなどに教わって上手に筋力をつけていくというのも対処法と言えるでしょう。

このようにそれぞれの状態を確認して原因を突き止める事でおのずと対処法が明確になってきますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク