【夏の足のむくみ】 原因や解消法はこれ! 冷房にも注意!

夏の足のむくみ

ブーツを履く機会が多い秋冬は足のむくみを感じやすいですが、実は夏の方が足のむくみが起こりやすいのをご存知でしょうか。

夏は海やプール、花火大会など色々楽しいイベントが盛りだくさんなのに、むくみを気にして服装を選んだりするのは嫌ですよね。

ここでは、夏の足のむくみの原因や解消法をご紹介しています。

スポンサーリンク

夏の足のむくみの原因について

夏の足のむくみ

せっかく可愛い恰好をしていても脚などむくんでいるともう嫌!となりますよね。夏の足のむくみの原因はいったい何でしょうか。

それは暑いからです。夏になると気温が上がるため、血管が膨張します。すると、足にもたくさんの血液が巡るようになります。そのため、血液中の水分が増えて足がむくみやすくなります。塩分の摂りすぎも原因の1つです。

また、暑いとついつい水分を多く摂りすぎたり、暑さをやわらげようとエアコンでよく冷えた室内で過ごしがちです。冷たい飲み物の飲みすぎで身体が冷えることで血液の循環が悪くなったり、体が冷えて汗をかかなくなるので、体の水分の代謝がうまくいかず、体内に水分が溜まることで「むくみ」が引き起こされるのです。

立ち仕事やデスクワークの方は、季節を問わず足のむくみが起こりやすいので要注意です。

むくみを放置するとどうなるの?

むくみ 放置

むくみをそのまま放置しておくと、恐ろしいことに、脂肪や老廃物がまざったセルライトがボコボコと脚やお腹などにできやすくなります。むくんでいる体はリンパの流れが滞っており、老廃物を排出することができないため、その老廃物と脂肪が合わさり、セルライトになるのです。

セルライトは一度できてしまうと落ちにくく、また痩せにくくなる原因のひとつです。むくみを解消するためには、リンパの流れも大事になってきます。むくみに効く食事をバランスよくとり、水分の摂り過ぎに気を付けることを意識して、むくみにくい体をつくりましょう♪

夏の足のむくみの解消法はコレ

夏の足のむくみ

では、夏の足のむくみを解消するには、どんな方法が良いのでしょうか。

◇足のマッサージ
足首を回したり、かかとの上げ下げなど足のマッサージが効果的です。デスクワークの方は1時間に1回程度の割合で足のマッサージをすると良いでしょう。

◇ゆったりとした服装を心がける
身体を締め付ける服装は血流が悪くなり、むくみを招く原因になるのでご注意ください。

◇塩分を控える
暑い日が続くと身体がだるくなり、ついついインスタント食品や加工食品に頼りたくなりますが、これらはなるべく控えましょう。

◇着圧・弾性ストッキングの着用
適度な圧力で足を圧迫してくれ、むくみの予防に効果があります。

どれも難しい方法ではありませんので、ぜひ試してみてくださいね☆

むくみに効く食べ物とは?

カリウム 食品

そんな夏のむくみに効果がある食べ物ですが、利尿作用のあるものをとるのがオススメです。

利尿作用をもつ食べ物にはカリウムが多く含まれており、そのカリウムを多く含む食材として、なんと夏が旬の野菜である【トマト】や【キュウリ】などがあります。他にも年中通して手に入れられる【バナナ】や、森のバターと呼ばれる【アボカド】などがあります。

理想の一日のカリウム摂取量は成人女性だと2000mg、成人男性だと2500mgとなっています。バランスよくいろんな食材からカリウムを摂取できるといいですね。

冷房やエアコンにも注意!

夏の足のむくみ

足のむくみは身体が冷えることも原因の1つだとご紹介しましたが、冷たい飲み物や食べ物の食べ過ぎ以外にも冷房やエアコンも身体を冷やしてしまう原因になります。

ショートパンツやミニスカートは足の血行が悪くなって、むくみを招きやすくなるので要注意!!冷房やエアコンの効いた室内に長時間いる場合は、丈の短いボトムスは避けた方が良いでしょう。

夏の足のむくみ

また、冷房・エアコンの温度を下げすぎないようにし、冷たい風に直接当たらないようにしましょう。涼しい室内に長時間いる場合は、カーディガンなどの羽織りものやひざ掛けなどを使用するのがおすすめです。

夏は服装も開放的になりがちですが、それが足のむくみを招く原因にもなっています。むくみを放置すると足が太く見えてしまいますし、セルライトができやすくなってしまいます。むくみ知らずの足になるためにも、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク