朝にふくらはぎがつる原因は? 症状や対処法について

ふくらはぎ つる

就寝自体は、「体の中の免疫機能をしっかり行う」と共に 「代謝を促進するために細胞を若返らせる」といった体にとって良い効果を出すものです。しかし就寝後の起床した際にある症状の悩みを抱える人が特に女性を中心に増えています。

その起床時の症状の悩みというのが朝にふくらはぎがつることであり、ふくらはぎがつると足が痙攣して動けなくなるほかにも無理に動かそうとすると痛みを発します。

スポンサーリンク

朝にふくらはぎがつる原因は?

ふくらはぎがつる

朝にふくらはぎがつる原因としては、先に言った体温を上げることでの代謝が関係しています。代謝が行われると体温が上がるのですが、その上がりすぎる体温を調節するために全身の毛穴にある汗腺から汗を出して気化させて下げます。

しかし汗を出すということは体内から多くの水分を失うことになるので、水分の失った血液は流れが悪くなってしまいます。そして、血液中の栄養素が筋肉に入り込むことができなくなるため 柔軟性を失い、かたくなってしまうことで ふくらはぎがつってしまうのです。

朝にふくらはぎがつる対処法は?

ふくらはぎ つる

朝にふくらはぎがつることに対しての対処法としては、就寝10分前にミネラルを含んだ常温の水か麦茶を飲めばOKです! ふくらはぎのつりは寝ているときの水分放出が原因なので、就寝前に水分をとって脱水症状を防ぐことが必要です。

そして交感神経と副交感神経が切り替わりを良くするために、同じく寝る前の10分前に 筋肉に酸素を入れるストレッチをしたり、毎日の就寝時間を一定のリズムにすれば対処法になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク