【ふくらはぎ・足の湿疹】 かゆくない時の原因や病気はなに?

ふくらはぎ 湿疹

ふくらはぎや足に赤い湿疹が出ているのにかゆくない、という時はありませんか。虫刺されやアトピー等であればかゆみが生じるはずです。

ではふくらはぎ・足のかゆくない湿疹はなんなのでしょう?

スポンサーリンク

ふくらはぎや足の湿疹が かゆくない時の原因は?

ふくらはぎ 湿疹

ふくらはぎや足の湿疹が かゆくない時の原因は、血液などの病気が原因で起こる症状の可能性があります。

かゆみや痛みがなく、特に足に発疹しやすいものは【単純性紫斑症】という病気で、赤い斑点が現れること以外は特に症状はありません。何らかの原因によって毛細血管が破れ、内出血してしまったことで湿疹になります。

湿疹以外の症状があるときは要注意!!

ふくらはぎ 湿疹

また、単純性紫斑症とは違い、湿疹以外の症状があるときは要注意です。

関節痛や腹痛が一緒に出るときは【アレルギー性紫斑症】を疑います。現在発生の原因は詳しく分かっていませんが、ウイルスや細菌に感染してしまったことによる免疫系の病気ではないかと考えられています。

症状が続く期間は4、6週間で2ヶ月ほどで完治することが多くなっています。特別な治療法はありませんが関節痛や腹痛がある場合は薬による治療が勧められます。

湿疹以外の症状があるときの対処法や予防法は?

ふくらはぎ 湿疹

他にも立ち仕事が多い方に起こりやすい【うっ血性皮膚炎】があります。赤い斑点とともにむくみなどの症状がみられます。特に膝から下の方にむくみや湿疹が現れた場合はうっ血性皮膚炎を疑いましょう。

これは血液が正常に循環しないことで起こるので、圧迫したり マッサージを行うことによって予防することができます。浴槽でのむくみ解消のマッサージなどで血行が促進され、血流が良くなります。ぜひやってみてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク