【ふくらはぎの痛み】 子供の場合の原因や症状、対処法は?

ふくらはぎの痛み 子供

お子さんが急にふくらはぎの痛みを訴えてきた場合、あなたはどうしますか?

ここでは、子供のふくらはぎの痛みの原因や症状、対処法をご紹介しています。

スポンサーリンク

子供のふくらはぎの痛みについて

ふくらはぎの痛み 子供

子供が身体の一部の痛みを訴えてくることは、成長していく過程でよくあることですよね。「ふくらはぎが痛い」と訴えられたことのある方もいらっしゃるでしょう。

原因や対処法は続きでご紹介します!

ふくらはぎの痛みの原因や症状は?

ふくらはぎの痛み 子供

子供のふくらはぎの痛みの原因は、【成長痛】や【骨端症】などが考えられます。

幼児期の成長痛は3~5歳頃に起こることが多く、夜中に痛みを訴えることも。翌朝にはケロッとしていることが多く、精神的に不安定なときに起こるとも言われていますが原因は不明です。

小学校低学年では踵が痛くなることもあるようですが、成長痛であればレントゲンを撮っても何の異常も見られません。小学校高学年になると運動量も増え、「軟骨の炎症による骨端症」と診断されることが多いようです。

成長期に気を付けることとは?

ふくらはぎの痛み 子供

子供の成長期には 骨だけが急激に伸びるため、筋肉や腱もそれに伴って引っ張られて成長していきます。しかし、筋肉や腱は骨と同じように成長出来ないため、【成長痛】が起こります。

さらに成長痛が起こる時期に部活などで激しい運動を行うと、筋肉が固く緊張状態になってしまうので、ストレッチなどのケアが十分に行われていないと痛みを引き起こす原因の1つになるようです。

スポンサーリンク

成長痛の治療や対処法について

ふくらはぎの痛み 子供

成長痛の治療や対処法としてストレッチ方法の指導や生活習慣の見直し、身体の歪みの改善や姿勢の矯正、筋肉と骨格のバランスを取るといった方法が行われます。

幼児であれば、痛いと訴える部分をさすってあげ、ぎゅっと抱きしめてあげることで落ち着くこともあるようです。

お子さんがふくらはぎの痛みを訴えてきたときは、ぜひ参考にしてくださいね。

成長痛の予防法を動画でご紹介♪

成長痛は、成長痛を発表した オスグッドさんの名前をとって『オスグッド痛』とも言われています。ここでは、成長痛の痛みを軽減してくれるグッズ・サポーターをご紹介!

使い方などは動画をチェックしてくださいね♪ 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク