ふくらはぎが冷たい原因は? 痛いのは病気のせい!?

ふくらはぎの痛み

第二の心臓ともいわれているふくらはぎ。ひと昔前には「健康でいたいなら、ふくらはぎを揉め!」という言葉があったほど、ふくらはぎと健康は深いかかわりがあります。そんなふくらはぎが冷たい場合には、血行が悪くなっている可能性が高いので、冷え性の場合にはストレッチをしたりビタミンEなどを飲むなどして血流を良くする必要があります。

ここでは、ふくらはぎが冷たい原因や対処法をご紹介していきますね!

スポンサーリンク

ふくらはぎが冷たい原因は?

ふくらはぎ ストレッチ

まず、原因として考えられるのは【貧血】です。婦人科の病気などで生理が不順になることで貧血などを起こしやすくなるのですが、体全体が冷たく感じられることがあるので、ふくらはぎが冷たい原因と考えられます。もちろん男性にも起こりえます。

また夕方になるとふくらはぎが冷たい場合には【代謝が低下している】ことが考えられるので、冷え性などの病気と関係している可能性があります。1日の疲れが出てきやすいのが夕方です。原因としては精神的なものや心臓などの病気があるのですが、貧血や冷え性のほうが多いので、ふくらはぎマッサージなどをして血流を正常な状態にすることで改善します。

病気が原因の時の対処法は?

ふくらはぎの痛み

下半身が冷える場合には【更年期障害】などが原因となっていることが多いのですが、男性の場合も足先から腰の下半身が冷えることがあります。下半身が冷たい場合には大きく手を振りながら大股であるくウォーキングを1日10分程度すると症状が改善されます。

また足先まで冷たい場合には足の指全体を手で覆うようにしてストレッチをすると血流が良くなるので症状が改善される場合があります。やり方は動画でご紹介します。

ふくらはぎの痛みの解消法は?

ふくらはぎの痛み

ふくらはぎが冷たい場合には 直接の原因は加齢なのですが、若い女性が冷える場合には冷え性になっているので、食事をしっかり摂って運動不足を解消する必要があります。冷たい飲み物を控えたり、身体の熱を奪うような食材は避けたほうがいいでしょう。

生活習慣を改善することでふくらはぎなどが冷たい症状が改善されますが、さらに体幹部をしっかりと保温して温めると効果的です。ぜひやってみてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク