【ふくらはぎ】 冷え・むくみの原因は? 解消法と対策はココ!!

ふくらはぎ むくみ

「ふくらはぎを触ると冷たい」、「ふくらはぎのむくみが気になる」という方は多いのではないでしょうか?

ふくらはぎの冷えやむくみを放っておくと、夜寝る時に足がけいれんしたり、足先が冷えて眠れない、トイレの回数が多いといった症状が出てくる場合も!!

ここでは、ふくらはぎの冷え・むくみの原因や解消法などをご紹介します。

スポンサーリンク

ふくらはぎの冷え・むくみの原因は?

ふくらはぎ

日本人の平均体温は36.9度といわれていますが、足元の体温はそれよりも4~5度近くも低くなっています。冷暖房を使用した室内では暖かい空気は上に、冷たい空気は足元にたまるので、上半身と下半身の温度差が10度以上になることも!!

このことから、ふくらはぎなど足元は体の中でもっとも冷えやすく、年中冷やされる状態におかれているといってもいいでしょう。

では、どんな症状があるとふくらはぎが冷えているといえるのでしょうか?ふくらはぎが冷えているかどうかのチェック項目は続きでご紹介します。

ふくらはぎの冷えの原因は?

東洋医学ではふくらはぎの冷えの原因はこの5つと考えられています。

◇エネルギー不足
体を温めるエネルギーが不足すると、熱を生み出す力や寒さに対しての抵抗力が弱まってしまい、体が冷えやすくなってしまいます。

◇ドロドロ血
「血」がドロドロ、ネバネバの状態になっていることで、淤血ともよばれています。血液による栄養の補給や老廃物の排出が滞っており、手足の先の細い血管に血が流れにくくなるため、冷えを感じます。

◇貧血
血虚ともよばれており、体に栄養分を運ぶ血が不足しているため、末端の血管に届かない状態になっています。

◇水分過多
冷たい飲み物の摂りすぎや水分代謝の異常、胃腸の機能低下など水分過多によって体が冷えている状態です。

◇冷えのぼせ
気や血の流れが悪くなることにより、顔や上半身にのぼせやほてりがあるのに、下半身が冷えている状態のことです。

症状のセルフチェック項目は?

ふくらはぎが冷えていると、こんな症状が!! 早速、セルフチェックしてみましょう。

◇足がむくむ
◇夜、寝ているときに足がけいれんする
◇足先が冷えて、なかなか眠れない
◇人よりも寒さに敏感である
◇冷房がつらく感じる
◇トイレの回数が多い、増えた

これらの症状がある場合は冷えているからかも!? 冷えからくる症状の対策・解消法は続きでチェック!!

冷えからくる症状の対策・解消法は?

ふくらはぎの冷えの解消法には、下半身を温めたり保温するように意識し、あたたかい血液を足先まで届けるということが必要です。
ですが、ふくらはぎは一度冷えてしまうと元に戻るまでに時間がかかってしまいます。

ふくらはぎウォーマー

そこで試してほしいのが、ふくらはぎ全体を包み込んでくれる『ふくらはぎウォーマー』です。ふくらはぎウォーマーは副作用の心配もなく、普段の治療や健康対策にプラスして使用することが可能!お風呂上がりに使うと、さらに効果的ですよ♪

ふくらはぎの冷え・むくみの原因や解消法をご紹介しましたがいかがでしたか?
ふくらはぎを温めて、健康な生活をおくりましょう!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク